個性的(すぎる)中国雑貨

中国へ出張に行ったとき、お土産として、現地のスーパー等で雑貨をだいぶ買いました。リプロスキン

特に文房具は、安い上にデザインがいろいろとあって、数を買う上では最適でした。保育士求人

面白かったものを何点か挙げてみようと思います。合宿免許の実態 無料

縦長のノート 学生の時に、英単語を覚えるのに「単語カード」を使いませんでしたか? あれを大きくして、リングでは無く、ゴム紐で綴じた様な形の小型のノートです。全身脱毛 池袋

デザインに惹かれて買いましたが、何に使うのかは謎ですね。コンブチャクレンズ

ただ、より大判なのと、ゴムで全体を留められる様になっていましたので、より便利な感じはしました。

メモ帳 中身はただのメモ帳です。

黄色っぽい再生紙が閉じてあるだけなのですが・・・デザインがスゴい。

よくカンフー映画に出てくる「秘伝書」ソックリです。

毛筆で怪しげな拳法の名前が書いてあります。

(印刷ですが)糸で綴じてあるところも芸が細かい。

これは露天商のおばさんから買いました。

ブタさんの鉛筆削り。

丸みを帯びた正方形で、後ろにはシッポが、前にはブタの顔が付いています。

半透明なボディ内部に削りかすが溜まる様になっており、中央から前後に分割して中身を捨てる構造です。

判らなかったのは、鉛筆を入れる穴が「どこにあるのか?」という事です。

いろいろ試したところ、ブタの「鼻」のパーツが回転してズレる様になっており、その下に穴がありました。

・・・という事で、 削っているところを横から見ると、「ブタの鼻の穴に鉛筆を突っ込んで回転させている」図になります。

見た目は・・・動物虐待・・・というか、子供用の文具として、どうなんだろう、コレ? あと、面白かったのがポケットティッシュで、デザインが日本とは違っていました。

日本の様に平たいデザインでなく、もっと面積が小さく、厚さがある形状です。

(より小さく折りたたんである感じです) 自販機でも売っていて、自分はお菓子と間違えて買いました。

コンテンツメニュー

    Link