しておかなければなりません

車を売却するとき、さらに所有車の買取の時も印鑑証明という書類が必要になります。

この印鑑証明という書類について解説していきます。

印鑑証明とはその印鑑が実印として認められているという事実を証明する目的の書面です。

印鑑証明書がない場合にはその印鑑が実印であるという事実が実証できません。

決して小さくない取引になる車両の売却のため必然的に実印が必要になることになりますが、その時に印鑑証明が必要となるのです。

印鑑証明書を発行するには、事前に印鑑証明の手続きをしておかなければなりません。

印鑑証明書に登録する印鑑は実印と言われ、同じものが二つとない印鑑でなくてはなりません。

実印を手配して近所の役所に行けば、印鑑登録できます。

印鑑登録の手続きをすれば、印鑑登録カードというものが発行され印鑑登録手続きをした印は実印として認められたということになります。

印鑑証明書を発行してもらうためには役所の案内係へ出向き、専用の書類に必要事項を記載して印鑑登録カードを出すだけで大丈夫です。

また、自動交付機を使って印鑑証明書を交付することができます。

印鑑証明には期限切れなどはないのです。

ですからいつの印鑑証明でも証明書としての効力は消えないのです。

ですが、車買い取りの時は効力のある印鑑証明は三ヶ月以内に発行されたものでなければ無効になります。

ほとんどの場合有効期限を気にする必要はないのですが、車買取時には、相手側が必須となる有効期限を決めているので、売却予定の車があるのならば手元に置いておくとよいでしょう。

コンテンツメニュー

    Link