睡眠状態が悪いと心身へ悪影響が

不眠症に陥ると、夜に眠れなかったり、朝方ようやく眠くなってきた頃に仕事や学校があったり、睡眠中に何回も途中で目が覚めたりと体が回復せずに日中は怠い上に集中力もなくなるので非常に辛いものです。セゾンカード

そして寝よう寝ようと思っても余計に眠れないという状態がストレスやプレッシャーになり、余計に眠れない日が続くと、ボディーブローのようにダメージが蓄積されてきて、心身に悪影響が出て来るものです。

睡眠を整える事が出来ると、体力の回復だけでなく、神経の修復や臓器の修復にも繋がりますし、良い睡眠というのは心身を健康に保つ為には非常に有効なものです。

不眠状態を改善する為には朝日を浴びたり、日中に体を動かす事で生活リズムが整うと言われており、不眠症の殆どの方は日中の動きが少なかったり、昼夜逆転していて食事や睡眠のリズムが一定では無いパターンの生活を送っている方が多いです。

寝る時間や食べる時間を一定にする努力をしていくだけでも睡眠が整うという方も多いです。

コンテンツメニュー

    Link